マンション雨漏りで困ったとき

subpage1

マンション雨漏りは戸建て住宅の雨漏りのように、単純に修理すれば良いわけではありません。



修理費用を誰が負担するのかで、問題が起きるケースもあるため注意してください。

マンションで水漏れのトラブルが発生したときは、まず本当に雨漏りなのか、上の階からの水漏れなのかを確認する必要があります。


上の階に原因があるときは、水漏れで被害を受けたら損害賠償を請求することができます。共用部分からのマンション雨漏りの場合は、修理は管理組合の責任になり、費用は修繕積立金から支出されるのが基本です。

賃貸マンションであれば、家主が管理責任を果たしていないことになり、被害を受けたら損害賠償を求めることができます。

独自性の高い朝日新聞デジタルならこちらのサイトがオススメです。

ただし入居者の故意や過失によって雨漏りが発生したときは、本人が修理しなければなりません。分譲マンションであれば、管理組合に賠償責任があるという考え方もできますが、実際には話し合いが紛糾する場合があります。
いずれにせよマンション雨漏りを見つけたら、できるだけ早く家主や管理会社に連絡し、ひどくならないうちに修理することが大切です。自分の部屋の水漏れで階下に被害を及ぼしたときは、損害賠償を請求されるかもしれませんが、個人賠償責任保険に加入していれば、費用の負担をカバーすることができます。

共用部分の雨漏りによるトラブルを避けるには、定期的にチェックを行ない、日頃からのメンテナンスを怠らないよう気をつけることが第一です。